兵頭 祐香

キッズコース

2003年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作『沙羅双樹』(監督:河瀬直美)主演に抜擢されデビュー。
初々しくも表情豊かな演技で鮮烈な印象を残し、初主演にして第18回高崎映画祭最優秀新人賞を受賞。
近年はパフォーマンス集団「オリジナルテンポ」のメンバーとして、国内外問わず活動。
2009年、世界最大の芸術祭・エジンバラフリンジフェスティバルにて『Shut up,Play!!』が最高評価の5つ星を獲得。
その後、シンガポール、韓国などアジアでの公演だけでなく、イギリス、ハンガリー、ルーマニアなどを始めとするヨーロッパ各地で公演を行う。
2012年には、スロベニアのダンスカンパニー’BETONTANC’との共同制作を行い、『Audition for life』を発表し、好評を得る。
現在、京都にてロングラン公演中のノンバーバルパフォーマンス『ギア-GEAR-』ドールパートとして出演中。

女優、パフォーマー、ピアニスト、様々な表情を持つ。
最近の出演作
【舞台】
2014年 南座ミステリー劇場『疑惑』(河毛俊作演出)
2015年 しまじろうのたいけんステージ『がっきであそぼう タタンがタン』
つながる音楽劇『麦ふみクーツェ~everything is symphony!!』(ウォーリー木下演出)
【映画】
2014年 『カオリと機械油』(北川帯寛監督)
【CM】
白鶴酒造