ヒストリーズ・ジャパンワークショップオーディション
参加者募集
 

舞台「ヘタリア」「ハンサム落語」「ギャグマンガ日和」を手掛ける、
なるせゆうせいが脚本・演出の歴史漫才「ヒストリーズ・ジャパン」が
5月にアカルスタジオで上演決定!

出演者オーディションをワークショップ形式で開催致します。

なるせゆうせい
 
◆公演概要◆
公演日程2017510(水)14(日)を予定
場所アカルスタジオ(大阪市浪速区湊町1-3-1 リバープレイス1F
◆ワークショップオーディション詳細◆
日程201735日(日
時間16:30集合  17:00開始
場所

アカルスタジオ(大阪市浪速区湊町1-3-1 湊町リバープレイス1F

持ち物

動きやすい服装、室内靴

参加費

事前予約3,500円/当日4,500

〈応募方法〉
参加希望者は以下の内容を記載し、下記メールアドレスまで送信ください。(締切:34日(土)22時)
・ 件名に『なるせゆうせいワークショップ』と記載し、メール文面に、名前、性別、年齢、身長、経歴(舞台経験があればそれも記載)、自己PRを記載してください。
・ 正面上半身と正面全身写真を添付してください。(プリクラ不可。携帯カメラ撮影OK、但し加工は不可)
※ 先着順で受け付けます。定員に達した時点で、受付を締め切ります。(定員20名〜30名予定)

〈なるせゆうせいプロフィール〉
1977年岐阜県生まれ。早稲田大学在学中に劇団を立ち上げ、トムプロジェクト新人賞他、数々の賞を獲得。その後、押井守その他多くのクリエーターを輩出したプロデューサー多賀英典の元でマネージメント契約、「ラストサムライ」や「BABEL」等のキャスティングプロデューサーであった奈良橋陽子とコンビを組み舞台を手掛ける。2008年に独立し、株式会社オフィスインベーターを設立。脚本家・演出家・映画監督・プロデューサーの顔を持つハイパークリエーター。

今や2.5次元の舞台で圧倒人気を誇る「弱虫ペダル」の立ち上げにも関わり、脚本と制作作業全てをこなす。2015年には、舞台化不可能と言われた「ギャグマンガ日和」を手掛け大成功をおさめ、続編決定。また、Zepp六本木シアターでのミュージカル「ヘタリア」は1万人を動員し成功をおさめ、続編が決定している。

 

Mail:studio@akaru.jp Tel:06-6644-6839